犬や猫を飼ってみた体験談をご用意しております

捨て猫を保護|警戒心剥き出しの子猫が人懐っこい猫へ様変わり

拾ってきた子猫は「警戒心剥き出し」で可愛くないやつだった

 

ある日突然、母が知り合いの車屋さんから、捨て猫を貰ってきました。

生後一ヶ月満たない小さな子猫でした。

 

サイズにして、おおよそ手の平サイズです。

可愛いなぁと思いながらも、若干迷惑だなぁとも思ってしまいました。

 

自分の会社にもよく子猫が捨てられており、そのどれもが小汚く、怪我をしているか障害を抱えているかでした。

 

しかしその子猫はとても綺麗で、顔も可愛らしく、とても捨てられるような子猫には見えませんでした。

 

「ニャー、ニャー」と元気よく鳴いており、弱っている様子は微塵もありませんでした。

 

しかし警戒心がとても強く、とても懐く様子もありませんでした。

すると母が「貰い手がいないので家で飼ってほしい」と言い始めたのです。

 

最初の答えはもちろん「ノー」でした。

犬なら家で飼った経験があるものの、猫は全く飼った経験がありませんでした。

 

それに犬と違い、人見知りで自由気ままなイメージがありました。

躾も大変そうだし、飼うのには相当苦労するイメージ・・・。

 

「可愛げもないし、嫌だなぁ」

「誰か飼ってあげれる人いないかなぁ」

と思い、私は早速SNSで飼ってくれる人を探しました。

 

そして里親が見つかる間は、実家は犬が3匹いるので置けないとのことだったので、仕方なく家で飼うことにしました。

 



猫の飼い方すら知らない不安だらけの同居生活

 

こうして始まった私と子猫ちゃんとの生活。

私は不安で仕方がありませんでした。

 

最初は餌やりからやってみました。

犬を飼った経験しかない私は、猫の餌やりの方法すら知りませんでした。

 

というかそもそも、「猫って何食べるんだ?」という具合のレベルです。

しかし、お腹が空いてる様子の子猫ちゃん。

 

「ニャー!、ニャー!」と鳴いており、これはいち早く餌を与えなければ・・・。

そこで近所のコンビニに駆け寄り、猫の餌を探し回りました。

 

最近のコンビニってすごい便利なんですね!

普通に缶詰が置いてありました。

 

缶詰を買ってきて、いよいよ猫の餌やりです。

 

食欲旺盛な猫と初めての餌やり

 

あらかじめ用意して置いた小皿に、少量置いて与えることにしました。

するとまぁ、食い付き具合がすごいこと( ̄∇ ̄)

 

びっくりしましたね。

子猫が一瞬、餌を捉えたチーターに見えました。

 

こうして餌を与え続けると、だんだん顔を見て鳴くようになってきました。

 

そして私が歩くと、その後ろをよちよち付いてきては、

「ニャー、ニャー」と鳴くのです。

 

その瞬間、「あ、ちょっと可愛いかも」と、思えるようになっていました。

犬と違ってなき声も小さいので、どことなく愛嬌を感じたのかもしれません笑

 

犬よりも猫のトイレの躾のほうが案外とても簡単

 

そして次にトイレの躾です。

 

犬の場合、専用のマットを敷き、その上にさせるか、もしくは散歩時にさせるのが普通ですね。

 

猫の場合も一緒だろうと思い、マットを敷いたのですが、全然反応はありませんでした。

 

しまいには、マットレスの上でお漏らししていまい、残念な思いをする羽目に・・・。

 

しかし時代はSNSの時代

早速ググることにしました。

 

すると、一発目に出てきたのは、猫を飼っている方なら当然ご存知の砂トイレです。

早速ペットショップで購入し、設置してみました。

 

すると、躾も何もしていないのに、すんなり砂のところに移動し、何事もなかったかのように用を済ませ、「シャッ、シャッ」と隠して終了。

 

こんなにすんなりいくものなのだろうか・・・と唖然としてしまいました。

 

猫の習性なんでしょうか、やはり砂を置けば分かるものなんだなぁと感心してしまいました。

 

犬の場合は、トイレの躾がものすごく大変でした。

 

彼らはマーキングをする習性もあるので、うまくいかないとマットレスやフローリングの上で、お漏らししてしまいます。

 

しかし猫の場合は、砂の上でしか基本しないので、トイレの躾が驚くほど楽でした。



猫の習性の1つ「爪研ぎ」で家具が無残な姿に・・・

 

案外、猫もいいかもと思い始めた頃、子猫ちゃんが事件を起こします。

 

ある日家に帰ってきたら、床に敷いたマット、そしてソファーが穴だらけに・・・!

 

そう犯人は、子猫ちゃんだったのです。

猫は、爪を研ぐ習性があったことを、その時初めて知ったんです。

 

至る所で爪を研ぎ、そのせいでマットやソファーが、穴だらけになることがあるそうです。

和室の部屋がある家では、障子なんかが、しばしばターゲットになるみたいです。

 

この時はかなりヘコみましたね。

 

でもこうして、なんやかんや一週間経つ頃には、どことなく愛着が湧いており、手放すことを躊躇う自分がいました。

 

一緒に生活することで「猫を飼いたい」と思うようになっていた

 

拾ってきた当初は、ものすごく警戒心が強かったこの子猫ちゃん。

お世話してみると、本当はすごく人懐っこい性格だったようです。

 

一度懐くと離れることはなく、どこに行く時もずっと後ろを付いてきます。

時には、帰ると玄関で、お出迎えしてくれることもありました。

 

猫が、こんなに人に懐く動物とは知りませんでした。

 

よく街中で見かける猫たちは、近づくとものすごい勢いで逃げて行くことが多かったです。

 

しかしこの子猫は、最近では初めて会った人ですら、自分から近づいていき、愛嬌を振りまくのです。

 

こうして私は、完全に自分の家で飼うことを決めました。

 

子猫につけた名前は「幸子」です。

 

”幸せ”を呼ぶ”子”であれ。

そういう思いでこの名前にしました。

 

今でもこの記事を書いてる中、太ももの上で幸せそうに寝てます( ̄∇ ̄)

以外な出会いでしたが、いい出会いだったなと思います。