犬や猫を飼ってみた体験談をご用意しております

猫嫌いから猫好きへ|猫二匹を飼うことになった体験談

猫嫌いが、猫好きへと変わった理由

 

母は、もともと猫があまり好きではありませんでした。

 

布団によくおしっこをかけられたことがあって、それで嫌いになったようです。

 

しかしある日野良猫と遭遇し、どうも人の言葉が解るという猫に遭遇したのです。(本当かどうかは解りません)

 

確かに、人の言っている事がわかっているようには見えます。

聞き訳がいい猫と言えると思います。

 

それがきっかけで猫好きになったようです。

名前が、「にゃんこ」となぜかなりました。

 

後に二匹目を飼う事になりますが、これは私が名前を付けました。

二匹目の猫は、マールという名前を付けました。

 



猫を飼って困ることは「治療費」の高さ

 

猫を飼って、一番困るのが治療費でした。

 

餌代はそれほど高くありませんし、トレイなどの砂もそんなに高いものではありません。

 

にゃんこはすでに、白血病を患っていました。

猫同士で喧嘩すると、当然噛まれるのですが、それが影響したらしいのです。

 

調子のよしやしがあり、白血病の影響だったのだと思います。

ケンカしたりして、怪我をすると、病院で治療をします。

 

毎回ではありませんが、それでも高い治療費がかかります。

かなり痛い出費ですね。

 

人間のような健康保険はありませんから、ほぼ実費というのが動物を飼う上での条件となる訳です。

 

でも賢い猫で、治療中はおとなしくしていました。

そういうところが、母の気持ちを変えたのかもしれません。

 

猫の本能の狩りはちょっと困ってしまった

 

野生の本能が結構強い猫で、よくお土産ももってきました(ネズミとかコウモリ)。

 

なんだろうとみてみると、コウモリの死骸を口にくわえて、ポイと目の前に置きます。

 

どうだ、という顔を見せては家に入っていくのです。

しかしどういう訳だか、猫同士の喧嘩は弱いんです。

 

駆りの仕方はうまいんですが、闘いは弱い猫です。

 

猫の野生の本能

 

耳かきの裏に綿がついているのですが、私はあれで遊ぶようにしていました。

 

そうとう気に入ったらしく、野生の本能がありますので、必死になって闘いを挑んできます。

 

遊んでほしいときはこれをくわえてもってきて、遊んでくれという感じです。

 

にゃんこはそういう意味では活発的に動くときと、具合の悪い時とが交互にやってくる猫でした。

 



猫は夜行性なので朝が早い

 

夜行性も強い猫で、朝起こしにきます。

4時ごろです。

 

実はこの当時私は市場に努めていて、朝はどちらにせよこの時間に起床するんです。

 

外に出たがるので、窓を開けてあげると、とぼとぼと朝の散歩に出かけるのが、このにゃんこの日課となっていました。

 

猫は水に濡れるのが嫌いでお風呂はもっと嫌う

 

にゃんこの一番の苦手は、お風呂でした。

とにかく嫌いなんです。

 

水に濡れるのも嫌いなので、洗うのが一苦労でした。

特に引っ掻いたりすることはないんですが、歯槽膿漏らしく口が臭いんです。

 

にゃーにゃーなくたびに、口から悪臭がでて、なんとも言えない匂いです。

 

汚いところに結構入ってきたり、どぶに落ちたりしたりするので、毎日汚いのですが、洗うのに毎日苦戦する訳です。

 

お風呂の時だけはいい子ではないですね。

 

猫を二匹飼うということ

 

マールちゃんは、雨の日に軒下で、にゃーにゃー泣いているところを発見しました。

 

まだ子猫だったので、早く暖めてやる必要がありました。

 

実は生まれながらに右耳が聞こえないらしく、名前を呼んでも解らない事がありました。

 

病院の先生の話だと、なんかの病気にかかったらしく、それがきっかけではないだろうかと話していました。

 

マールの方は、にゃんこと違って少々おバカでした。

バタールをそのまま置いてあると、全部食べ、その後すべて吐いていました。

 

部屋にはいって悪戯してしまったり、かなりやんちゃな猫でした。

しかし冬場になると、私の布団に入ってくる猫でした。

 

胡坐をかいていると、必ず乗っかってくる猫で、おしりをこりこりかいてあげると、喜んでくれる猫でした。

 

抱っこが大変好きな猫で、相当の甘えんぼさんでした。

抱っこをやめると怒るので、離れるわけにはいきません。

 

胡坐から降ろそうとすると、また戻ってくるという繰り返しをします。

にゃんこにそれをすると怒り始めるので、徐々ににゃんこはしなくなりました。

 

最初は喧嘩をする中でしたが、徐々にうちとけあったのか、生活するうえで、いろいろにゃんこがこの猫に指導をしているようでした。

 

 

最初は一匹でしたが、二匹となった我が家。

猫同士の喧嘩もありましたが、すぐに仲良くなります。

 

どちらも可愛くて、色々病気なんかもありますが、大事に育てていきたいと思います。