犬や猫を飼ってみた体験談をご用意しております

猫1匹から猫屋敷へと拡大|猫が猫を食べる事件が発生

猫の年間出産回数と生まれてくる子猫の数

 

私が小学生の時の話です。

商売を営んでいた我が家の工場裏に、たまに、しま猫が来ていました。

 

メスのきれいな猫で、ついエサをあげるうちに、毎日来るようになってしまいました。

 

姉と私が飼いたいと何度も交渉して、かなりしぶしぶ承諾をされ、猫との生活が始まりました。

 

ところがこの猫、近所ではボス猫的立場だったらしく、ずる賢い上に、たーーーくさん子どもを生みました。

 

普通の猫の出産は、1年に2回だそうですが、この猫は年に3~4回のお産で、1回に4~6匹産みました。

 

2年もする頃には、我が家は19匹の猫屋敷になりました。

 



猫が多すぎて貰い手も中々見つからない

 

最初の頃は、子猫が産まれる度に貰い手を探します。

何匹かはもらわれては行ったのですが、やはり全猫の貰い手はつかず・・・。

 

悩んでる間に、次のお産が・・・。

やむを得ず、大元の最初に飼い始めたしま猫を避妊手術しました。

 

母が、お前が飼い始めたんだから責任を持ちなさいと、夜寝るときは全猫私の部屋に入れて寝ていました。

 

夜中まで大騒ぎだし、うるさいわ臭いわの日々でした。

でも冬場は、みんな布団に入ってくるので暖かかったです。

 

猫が猫を食べる?親猫が子猫を食べるケースが存在する

 

そんなある日の悲劇です。

生後3ヶ月の、ふわふわ毛の猫が妊娠してしまいました。

 

オスメス一緒にいたので仕方がないのですが、まさか3ヶ月で妊娠するとは思わなかったです。

 

そしてある日の夜明けに、寝ていた私の足元が暖かく濡れているので、びっくりして起きると、ベッドの布団の上で出産していました。

 

ちょっと早産だったので、やや小さめな子猫が3匹、小さく泣いていました。

 

母猫もそこにいましたが、まだ出産が終わってないのか、お腹が大きいままで落ち着きがなかったです。

 

お産用に用意した箱に、母猫と子猫を移そうかなと考えていたところ、なんと私の目の前で母猫が子猫を噛み殺してしまいました。

 

急いで助けようとしましたが、もう亡くなっており、泣く泣く庭に埋葬しました。

 

その後も外で3匹産んだのですが、すべて他の猫たちに殺されたり食べられたりしてしまいました。

 

このことがあって以来、ある程度の月齢になったら避妊手術、去勢手術をするようにしていきました。

 

その度に申し訳ない気持ちでいました。

それゆえに、猫は年々減っていきました。

 

道路際に住んでいたので、何匹かは、車にひかれてしまって亡くなってしまいました。

 



猫が猫を助けて重症!母猫が強いと思った瞬間

 

そんなある日、道路を渡り、戻ってくるときに引かれそうになった猫を、最初に飼ったしま猫がくわえて助けました。

 

その時に左足をひかれて、さらに牙を一本折ってしまい、瀕死の重症を負いました。

病院に連れていきましたが、助からないかもと言われました。

 

しばらくご飯もろくに食べられず、動けない状態でした。

子どもたちが心配して、いつもしま猫の周りをうろうろしていました。

 

それでも奇跡的に回復していきました。

 

びっこを引きながらだけれども、自力で歩けるようになり、ご飯も食べられるようになりました。

 

母は強しだなぁと思います。

 

ですが、走ったりすることはできず、牙も片方折れたままだったので、よく捕っていたネズミなどは捕れなくなり、ボス猫の地位からは降りました。

 

猫は死期を悟るといなくなるという習性

 

飼い初めて6年くらい経った頃のことです。

知り合いからどうしてももらってほしいと、黒の長毛種のを飼うことになりました。

 

艶々と黒光りする美しい猫でした。

しかし、ものすごく気性が荒かったのです。

 

しま猫一家は、たちまち追い出されてしまいました。

その後、しま猫は近所の家の方が飼ってくれたので、たまに様子を見ることができました。

 

その後、黒猫は子どもを3匹産んで、2匹は貰われていきました。

そんな黒猫は、しばらくすると行方不明になりました。

 

猫は死ぬ姿を人に見せないというのを聞いたことがあるので、ひょっとしたら病気だったのかもしれません。

 

しま猫は、20歳で老衰で穏やかに亡くなったそうです。

黒猫の子猫も、我が家で18歳まで生きてくれました。

 

猫たちには、人間のエゴをしてしまったかもしれません。

ですが、私達家族は猫と生活できた日々がとても楽しい思い出です。