犬や猫を飼ってみた体験談をご用意しております

ポメラニアンはどういう犬?|ポメラニアンを飼うのがお勧めの理由

2匹のポメラニアンを飼ってみた

 

ワンちゃんを飼う事は、癒されることが多いので、飼い始め方も多いですね。

 

ワンちゃんを一度飼うと、その後も続けて育てたいと思うことが多いです。

 

私も、一番最初に飼ったワンちゃんがポメラニアンで、その後亡くなり、現在は同じポメラニアンで2匹目です。

 

同じ犬種を飼うことが多いことも、飼い主がその前のワンちゃんに未練があるからです。

もう一度会いたいという気持ちが強くなります。

 

そんなポメラニアンは、飼いやすいワンちゃんです。

ここでは、私が飼っているポメラニアンの特徴をご紹介します。

 



ポメラニアンの性格とは?

 

私が飼っていたポメラニアンの場合は、2匹ともとても人懐っこく、愛くるしい感じでした。

大きな犬でも、仲良くなれるということがあります。

 

それはすごいことだと思って調べてところ、ポメラニアンには、勇敢な犬のようです。

また、性格が温厚で、ほとんど吠えることがありませんでした。

 

たまに威嚇をするように、別の犬が入ってきたり、家のものでない人が入ってきたりすると、吠えることがあります。

 

家族を守るために、吠えているのです。

その時は、しっかり私たち家族を守ってくれているんだな、と思うことができました。

 

ポメラニアンは室内で飼える犬

 

ほとんどの小さい犬の場合は、部屋の中で飼うことが多いですね。

私のポメラニアンの場合も、部屋の中で飼っています。

 

雨の時は、散歩をすることはしていません。

 

部屋でウンチをすることになったり、排尿をすることになるのですが、そんなに大量ではないので助かります。

 

しかも、そんなに臭くありません。

ドッグフードにより、殆ど臭わないこともあり、とても助かっています。

 

小さい犬の場合は、散歩をして排泄をさせるということもしなくてもいいので、その点ではとても助かっています。

 

しかし家の中ばかりだと、ちょっと筋力が落ちてしまうかもしれないと心配して、できるかぎり散歩は連れて行くようにしています。

 

散歩は、大好きです。

だいたい30分ぐらい歩きます。

 

ポメラニアンのカット&手入れが重要な理由とは?

 

ポメラニアンの場合は、カットや手入れをし続けると、ふさふさの素晴らしい毛を、維持することができます。

 

それを見ていると、本当に綺麗な犬だなと、惚れ惚れしてしまうことがあります。

しかしその長い毛は、手入れをすることが大事です。

 

ブラッシングをして、毛並みを整えることをしています。

夏になると、柴犬カットにすることにしているのです。

 

夏は毛がふさふさのポメラニアンにとって、とても暑いのでたまらないんですね。

 

しかもダニ等もつきやすくなり、そうなる前に、きちんとカットしてあげましょう。

カットをしてあげると、ダニが付くことが少なくなります。

 

体は汚れていないかぎり、ペットショップで洗う以外は、自宅で入浴をすることはほとんどありません。

 

ペットショップは、だいたい爪切りや校門絞り等が必要となるので、1ヶ月に一回は連れて行くようにしています。

 

ポメラニアンの性格:活発に動き回る時期がある

 

活発に動き回るのは、だいたい1歳半ぐらいまでです。

それは家の中を走り回ります。

 

しかし畳やフローリングを、傷つけたりすることはほとんどありません。

 

走り回る時期を過ぎると、おもちゃで遊ぶ程度であることが多く、そんなに家の中で走ることがなくなります。

 



ポメラニアンは骨折や脱臼をしやすい

 

ポメラニアンで特に注意が必要なのは、なんといっても骨折や脱臼です。

2匹のポメラニアンとも、骨折をしてしまいました。

 

一匹は、階段から降りる時に、足を踏み外して骨折です。

もう一匹は、ベッドから飛び降りて、骨折をしてしまいました。

 

ふとした時に、なってしまうのです。

 

足が細いので仕方がないことですが、フローリングに絨毯を敷く、階段を上がれないように柵をするなど対処をしています。

 

ポメラニアンは、愛くるしい眼差しと温厚な性格で、飼いやすいワンちゃんです。

初めてという人も、飼いやすいと感じます。